ナビ
楽天ペイ(オンライン決済 LITE版)
メニュー

Dashboard

Dashboardとは、楽天ペイ(オンライン決済 LITE版)が提供する店舗様向けの管理画面です。
Dashboadでは、以下の確認・作業を行うことができます。

  • 注文金額/注文件数の推移チャート
  • 楽天ペイ(オンライン決済)からのお知らせの確認
  • 決済の確定・キャンセル・金額変更
  • 振込情報の確認 [Live環境]
  • Webhookの設定
  • イメージライブラリの確認 [Live環境]
  • 認証キーの確認
  • セキュリティの設定
  • 店舗情報の確認・設定

ログイン

Dashboardをご利用の際は、必ずログインをしてください。 Sandbox環境では楽天IDとパスワード、Live環境ではR-Login IDとR-Loginパスワードが必要です。

Sandbox環境でのログイン方法

Sandbox環境では、楽天IDログイン画面からログインします。
楽天IDとパスワードを入力して、「ログイン」ボタンを押してください。

楽天IDまたはパスワードを忘れた場合は、「ユーザID・パスワードを忘れた場合」を押して、ユーザIDの確認、およびパスワードの再設定をしてください。

画像を表示する/表示しない

Sandbox環境 ログイン画面
Sandbox環境 ログイン画面

Live環境でのログイン方法

Live環境では、楽天ペイ(オンライン決済 LITE版) R-Login画面からログインします。
R-Login IDとR-Loginパスワードを入力して、「次へ」ボタンを押してください。
R-Loginの認証後、ユーザIDとパスワードを入力して、「ログイン」ボタンを押しログインください。

R-Loginとは、楽天ペイ(オンライン決済)に本申込された店舗様向けに提供する管理画面のログインシステムです。(詳しくはこちらを参照)
R-Login IDとR-Loginパスワードについては、本申込の審査完了後に送信される「【R-Login】管理者登録およびR-LoginID/パスワード登録完了のご案内」メールをご確認の上、事前に設定する必要があります。

画像を表示する/表示しない

Live環境 R-Login IDの認証画面
Live環境 R-Login画面

Live環境 楽天ペイ(オンライン決済) 楽天会員の認証画面
Live環境 R-Login画面

環境切り替え

Live環境とSandbox環境は画面右上部にあるタブより相互に切り替えることができます。
Live環境の利用は、本申込後、R-LoginID/パスワードの登録を完了している必要があります。

画像を表示する/表示しない

Live環境 画面上部
Sandbox環境 ホーム画面
Sandbox環境 画面上部
Sandbox環境 ホーム画面

ダッシュボードトップページ

楽天ペイ(オンライン決済)からのお知らせを確認することができます。
メンテナンスなどのご案内はこちらにお知らせします。
また、注文金額や注文件数の推移をチャートにてご確認できます。Sandbox環境およびLIVE環境本番用の認証キーを設定し、決済された注文のみ表示されます。
表示できる単位は最短1時間、表示できる期間は最大3年となります。

画像を表示する/表示しない

チャート

注文管理

注文管理では、注文の検索と詳細の確認ができます。
また、各注文の決済に対して、確定・キャンセル・金額変更を行うことができます。

1. 決済リスト表示

決済リストを表示します。
初期状態では注文日の新しいものから並んでいます。

  • 注文金額
注文の総額
  • 注文番号
楽天で作成する注文番号
  • 決済ステータス
  • 仮売上
確定前の決済
  • 実売上
確定済の決済
  • キャンセル
キャンセル済の決済
  • 注文日時
注文された日時

2. 検索

検索項目を入力し、「検索」ボタンをクリックすることで、決済リストの検索を行うことができます。

  • 注文番号
検索する注文番号(注文番号の全桁を入力)
  • 注文日(開始年月日と終了年月日)
検索対象とする注文日の期間
  • 決済ステータス
検索対象とする決済ステータス
  • 仮売上
確定前の決済
  • 実売上
確定済の決済
  • キャンセル
キャンセル済の決済
  • 環境
Live環境の本番用認証キーで生成された注文、またはテスト用認証キーで生成された注文
(Sandbox環境では、この項目は表示されません)

3. 詳細表示

確認したい決済の項目をクリックすることで、注文の詳細確認と決済の確定・キャンセル・金額変更が行えます。

4. さらに読み込む

「さらに読み込む」をクリックすることで、決済リストをさらに10件取得し表示されます。

画像を表示する/表示しない

注文管理画面
注文管理画面

5. 詳細表示項目

詳細の各項目は次の通りです。

  • 注文番号
楽天で作成する注文番号
  • 注文日
注文日時
  • 決済ステータス
仮売上・実売上・キャンセルの状態
  • Cart ID
御社サイトのお支払いボタンに設定されたカートID
  • OpenID
楽天で作成するユーザを特定できる一意の番号(注文者が同じであれば、この番号は同じ)
  • 支払方法
決済の支払方法および利用ポイント
  • 注文内訳
注文商品の内訳
  • 商品番号
御社サイトで設定した商品ID
  • 商品名
御社サイトで設定した商品名
  • 個数
御社サイトで設定した商品の個数
  • 単価
御社サイトで設定した1商品あたりの単価
  • 合計金額
商品の総額
  • 送付先
商品の送付先情報(商品の送付先を取得できる仕様をご利用の場合のみ表示されます)
  • 送付先氏名
商品の送付先氏名
  • 送付先氏名(フリガナ)
商品の送付先氏名のフリガナ
  • 住所
商品の送付先住所
  • 電話番号
商品の送付先電話番号

画像を表示する/表示しない

注文詳細画面
注文詳細画面

6. 確定

確定処理を実施します。
決済ステータスが仮売上の場合にのみ行えます。
「確定」をクリックすると、確認ウィンドウが表示されます。
「はい」をクリックすると、決済の確定処理が行われます。
確定処理が正常に完了すると、店舗様にのみ、その旨のメールが送信されます。
また、確定処理が正常に完了すると、決済ステータスが実売上の状態になります。

Live環境での決済に確定処理を行い、決済ステータスが実売上に変更されたものに対し、御社への振込が行われます。

画像を表示する/表示しない

確定 確認ウィンドウ
確認

7. キャンセル

キャンセル処理を実施します。
決済ステータスが仮売上と実売上の場合に行えます。
「キャンセル」をクリックすると、確認ウィンドウが表示されます。
「はい」をクリックすると、決済のキャンセル処理が行われます。
キャンセル処理が正常に完了すると、購入者および店舗様へその旨のメールが送信されます。
また、キャンセル処理が正常に完了すると、決済ステータスがキャンセルの状態になります。
決済ステータスがキャンセルになりますと、以後確定・金額変更の処理ができなくなります。(キャンセル処理の取消はできません)

画像を表示する/表示しない

キャンセル 確認ウィンドウ
キャンセル

8. 金額変更

金額変更処理を実施します。
決済ステータスが仮売上と実売上の場合に行えます。
「金額変更」をクリックすると、編集ウィンドウが表示されます。

実売上の決済に対して金額変更を実施すると決済ステータスは仮売上の状態になります。
商品提供後、忘れず確定処理の実施も行うようお願い致します。

※実施できない金額変更

  • 合計金額が変更前と同額の金額変更はできません。
  • 合計金額が100円未満の金額変更はできません。

画像を表示する/表示しない

金額変更 編集ウィンドウ
金額変更

新しい商品を追加したい場合

「新しい商品を追加する」をクリックすることで、商品を追加するための入力項目が表示されます。
入力後、「OK」ボタンをクリックすることで商品が追加されます。
最後に「金額変更を実施する」ボタンをクリックし、金額変更を完了させてください。

画像を表示する/表示しない

「新しい商品を追加する」をクリック
新しい商品を追加する

「OK」をクリック
新しい商品を追加する

注文内容を編集したい場合

をクリックするとことで、注文内容を編集することができます。
入力後、「OK」ボタンをクリックすることで注文内容が変更されます。
最後に「金額変更を実施する」ボタンをクリックし、金額変更を完了させてください。

画像を表示する/表示しない

をクリック
商品内容を編集したい

「OK」をクリック
商品内容を編集したい

商品を削除したい場合

をクリックすることで、商品を削除することができます。
「はい」をクリックすると、商品が削除されます。
最後に「金額変更を実施する」ボタンをクリックし、金額変更を完了させてください。

画像を表示する/表示しない

をクリック
商品を削除したい

「はい」をクリック
商品を削除したい

編集した内容で更新したい場合

「金額変更を実施する」をクリックすると、決済の金額変更処理が行われます。
金額変更処理が正常に完了すると、購入者および店舗様へ、その旨のメールが送信されます。
また、金額変更処理が正常に完了すると、決済ステータスが仮売上の状態になりますので、商品提供後、忘れず確定処理の実施も行うようお願い致します。

9. 一覧に戻る

「一覧に戻る」ボタンをクリックすると、注文管理画面に戻ります。

メール送信

注文管理の画面から各注文毎に購入者様宛にお知らせメールを送信することが出来ます。

画像を表示する/表示しない

注文詳細画面(メール)

1. メール送信

「メール送信」ボタンをクリックすると、メール編集ウィンドウが開きます。ここからお知らせメールの内容を編集して、注文の購入者にお知らせメールを送信することができます。

メールの編集

「件名」および「自由記述欄」にメールの内容となる文章を入力できます。メールの本文の先頭には「自動挿入文」にある文言が自動的に挿入されます。「お客様氏名」と表記されている箇所は、送信時には購入者様のフルネームになります。

画像を表示する/表示しない

メール編集ウィンドウ
メール編集ウィンドウ

注文に関連する情報の挿入

「挿入項目を選択」のボタンをクリックし、プルダウンメニューにある項目を選択することで「自由記述欄」に注文に関連する情報を挿入することができます。挿入することが出来るのは、下記の5種類の情報です。

注文情報 注文番号等の購入者様の注文についての情報を挿入できます。
料金明細 利用ポイント数など、購入者様のお支払いについての詳細情報を挿入できます。
問い合わせ先 貴社のお問い合わせ先として登録頂いております情報を挿入できます。
支払い方法 「お支払い:クレジットカード決済一括払い」の文言を挿入できます。
送付先情報 注文の送付先となる購入者様の住所を挿入できます。注文に送付先情報が登録されている場合のみ挿入可能です。

送信内容の確認

「送信内容の確認」をクリックすると、送信内容の確認ウィンドウが表示されます。更に「送信」をクリックすると、お知らせメールの送信が始まります。送信が成功すると、ウィンドウが自動的に閉じます。

※お知らせメールの作成時の注意
  • 件名は80文字、自由記述欄は4000文字までの入力が可能です。
  • 件名および本文には、機種依存文字はご利用いただけません。
  • 一注文につき30通までの送信ができます。
  • 送信ができるのは注文日から180日までになります。
  • この機能は、購入者様のメール受信を保証するものではありません。

画像を表示する/表示しない

送信内容確認ウィンドウ
送信内容確認ウィンドウ

2. メール送信履歴

注文管理画面下部にある「通知メール履歴」より、リクエストされたメールの一覧を確認できます。一覧の各項目クリックすることで対応するメールの本文が表示されます。

※メール送信履歴の注意
  • メール送信日から365日の間はメール送信機能によりリクエストされたお知らせメールの内容を確認できます。

画像を表示する/表示しない

通知メール履歴
通知メール履歴

振込情報 [Live環境]

振込情報では、振込状況および振込金額の確認ができます。
また、振込に対して組戻が発生している場合、金融機関の振込口座の変更を行うことにより、振込の再処理を行うことができます。
なお、本機能はLive環境でのみご利用いただけます。

1. お知らせ表示

振込状況についてお知らせがある場合に表示されます。

2. 振込情報リスト表示

過去1年分の振込結果リストを表示します。

  • 振込状況
振込に関するステータス
  • 振込処理済
振込処理が完了
  • 振込処理中
振込予定日の当日に振込処理を実施中
  • 振込処理待ち
振込予定日までの振込処理待ち
  • 組戻発生
振込処理において振込に失敗し、組戻が発生
  • 請求対象
総額がマイナス金額となったため、振込対象ではなく、楽天からの請求が発生
  • 振込失敗
なんらかのシステムトラブルにより振込処理が失敗

組戻発生の場合は、「振込口座の変更」を行ってください。口座変更後の翌営業日に振込の再処理を行います。
振込失敗の場合は、コチラまでお問い合わせください。

  • 締め日
振込対象となる決済の締め日
  • 振込予定日
楽天から店舗様への振込予定日
  • 対象取引金額
振込対象となった注文の注文金額
  • 手数料
サービス利用手数料、データ処理手数料等の手数料金額
  • 振込金額
対象取引金額から手数料を差し引いた店舗様への振込金額
  • 振込明細
振込に関する通知書およびその明細書
をクリックすると、zip形式の圧縮ファイルがダウンロードできます。
このzipファイルには、対象取引金額、手数料等が記載されたPDF形式の通知書ファイルと、対象となった注文情報とその手数料に関する詳細が記載されたCSV形式の明細書が含まれています。

画像を表示する/表示しない

振込情報画面
振込情報画面

Webhook

Webhookの設定画面では、以下の作業を行うことができます。

  • エンドポイントURLの確認・追加・変更・削除
  • SSL証明書の登録・変更・削除
  • 楽天ペイ(オンライン決済 LITE版)からWebhookによる疎通確認

Webhookの使用については、Webhookを参照してください。


1. エンドポイントURLリスト表示

Webhookの各イベントのエンドポイントURLを表示します。

  • イベント
Webhookのイベント名
  • エンドポイントURL
Webhookのリクエスト先URL

画像を表示する/表示しない

Webhook画面
Webhook画面

2. Webhook追加

WebhookのエンドポイントURLの追加をします。
「Webhook追加」をクリックすると、Webhook追加ウィンドウが表示されます。
イベントを選択し、エンドポイントURLを入力します。

エンドポイントURLのプロトコルについて、Sandbox環境ではHTTPとHTTPS、Live環境ではHTTPSのみが設定可能です。

最後に、「保存」ボタンをクリックし、Webhook追加を完了させてください。

画像を表示する/表示しない

Webhook追加ウィンドウ
Webhook追加ウィンドウ

3. Webhook変更

をクリックすることで、Webhook変更ウィンドウが表示されます。
WebhookのエンドポイントURLを編集することができます。
イベントを選択し、エンドポイントURLを変更します。
最後に、「保存」ボタンをクリックし、Webhook変更を完了させてください。

画像を表示する/表示しない

Webhook変更ウィンドウ
Webhook変更ウィンドウ

4. Webhook削除

をクリックすることで、Webhook削除ウィンドウが表示されます。
WebhookのエンドポイントURLを削除することができます。
「はい」をクリックすると、WebhookのエンドポイントURLが削除されます。

画像を表示する/表示しない

Webhook削除ウィンドウ
Webhook削除ウィンドウ

5. SSL証明書アップロード

https通信で独自の証明書をお使いの場合は、SSL証明書のアップロードが必要です。
「選択」をクリックすると、ファイル選択ウィンドウが表示され、SSLサーバ証明書ファイル(CRT形式またはCER形式)を選択することが出来ます。
「アップロード」をクリックすると、SSLサーバ証明書ファイルがアップロードされます。

SSL証明書アップロード方法

Google Chromeでの手順を記載いたします。

5-1.WebhookエンドポイントURLにブラウザでアクセスする

エンドポイントURLにて確認できます。
下記では、例として「https://example.com」を利用します。

画像を表示する/表示しない

5-1
5-1

5-2.「保護された通信」をクリックし、「証明書(有効)」を選択する

画像を表示する/表示しない

5-2
5-2

5-3.証明書ダイアログの「詳細」タブを選択し、「ファイルにコピー」をクリックする

お使いのブラウザごとに表示方法が異なります。

画像を表示する/表示しない

5-3
5-3

5-4.「次へ」をクリックする

画像を表示する/表示しない

5-4
5-4

5-5.「DER encoded binary X.509」を選択し、「次へ」をクリックする

画像を表示する/表示しない

5-5
5-5

5-6.「ファイル名」に証明書の保存先を設定し、「次へ」をクリックする

画像を表示する/表示しない

5-6
5-6

5-7.「完了」をクリックする

画像を表示する/表示しない

5-7
5-7

5-8.Dashboard > Webhookにアクセスする

画像を表示する/表示しない

5-8
5-8

5-9.「SSL証明書アップロード」の「選択」をクリックし、保存した証明書を選択する

画像を表示する/表示しない

5-9
5-9

5-10.選択した証明書が表示されていることを確認し、「アップロード」をクリックする

画像を表示する/表示しない

5-10
5-10

5-11.「現在のSSL証明書」にアップロードした証明書が表示されていることを確認する

画像を表示する/表示しない

5-11
5-11

5-12.「ping」をクリックし、通信ができていることを確認する

画像を表示する/表示しない

5-12
5-12

6. SSL証明書削除

をクリックすることで、SSL証明書削除ウィンドウが表示されます。
「はい」をクリックすると、SSL証明書が削除されます。

画像を表示する/表示しない

SSL証明書削除ウィンドウ
SSL証明書削除ウィンドウ

7. Webhookによる疎通確認

「ping」をクリックすることで、Webhookによる疎通確認をすることができます。
疎通結果は、Webhook画面下部のリクエストとレスポンスに内容が表示されます。

画像を表示する/表示しない

疎通確認
疎通確認

8. Signature

HTTP(S)リクエストのヘッダーにWebhookの送信元を検証するためのSignatureを送信しています。 御社サイトにて、ここに表示されるSignatureとHTTP(S)ヘッダーのX-Lite-Webhook-Signatureを比較する事により、送信元を検証できます。

イメージライブラリ [Live環境]

イメージライブラリの画面では、店舗様のサイトに表示できる各種画像のHTMLタグを参照することができます。
テキストボックスの中のタグをコピーし、ご利用ください。楽天ペイ(オンライン決済 LITE版)が利用できることをユーザ様に認知させ、
貴社でのユーザ様のコンバージョンを高めるためにも、楽天ペイ(オンライン決済 LITE)を導入して商用開始する際には、必ずご利用下さい。

1. アクセプタンスマーク

貴社サイトでご利用できるカードブランドを示した画像を「アクセプタンスマーク」と呼びます。
こちらからアクセプタンスマークの画像のHTMLタグを参照することができます。
多くのサイト様にて、決済ステップ中やお支払い方法の選択ページに設置いただいております。
ご利用されるカードブランドが変更になった場合は、本画面を再度参照し、アクセプタンスマークの変更を行ってください。


2. サービスロゴ

こちらからサービスロゴの画像のHTMLタグを参照することができます。
トップページ等に設置いただくことにより、ユーザ様の認知が上がり、貴社を訪れたユーザ様の購買意欲を上げることができます。

画像を表示する/表示しない

イメージライブラリ画面
イメージライブラリ画面

アカウント設定

1. 認証キー

API等にアクセスするための認証キー(Public KeyとPrivate Key)を確認することができます。
各環境の認証キーの使用については、認証キーを参照してください。


2. セキュリティコード

セキュリティコード認証の利用有無をカードブランドのグループ毎に設定できます。
セキュリティコード認証については、セキュリティ設定をご参照ください。

楽天側でセキュリティコード認証の設定を必須とさせていただく場合がございます。その場合、店舗様にて設定を変更頂くことはできません。
カード審査に通過しているカードブランドのみ設定変更できます。


3. 最新のお知らせ

開発者様向け楽天ペイ(オンライン決済 LITE版)のお知らせ配信の受取り設定を変更することができます。
この設定はSandbox環境でのみ変更いただけます。

画像を表示する/表示しない

アカウント設定画面
アカウント設定画面

店舗情報

店舗情報では、店舗様の情報についての確認と、振込口座の変更ができます。
なお、SandboxではサービスIDのみご確認いただけます。

1. サービスID

店舗様のサービスIDが表示されます。なお、サービスIDはSandboxとLiveそれぞれに付与されます。
楽天にお問い合わせの際には、お問い合わせ頂いた店舗様の特定のため、サービスIDをご連絡下さい。


2. 会社情報

会社名、会社住所など、店舗様の企業情報に関する情報が表示されます。


3. サイト情報

サイト名など、店舗様の運営するサイトに関する情報が表示されます。


4. 振込口座

楽天からの振込先の口座に関する情報が表示されます。


5. 振込口座の変更

振込口座の変更ができます。
「振込口座の変更」ボタンをクリックすると、振込口座の変更画面へ遷移します。

画像を表示する/表示しない

店舗情報画面
振込情報画面

振込口座の変更

振込口座に指定する金融機関および支店の検索・設定、口座情報の登録ができます。
振込口座を変更した場合、次回締め分の振込から適用されます。

画像を表示する/表示しない

振込口座変更画面
振込口座変更画面

5-1.金融機関の検索

指定する金融機関名を選択してください。支店の検索画面へ遷移します。
表示されている金融機関に該当がない場合は「上記以外の金融機関」を選択してください。その他金融機関の検索画面へ遷移します。


5-2.その他金融機関の検索

金融機関の最初の文字を選択後、一覧の中から指定する金融機関名を選択し、「決定」をクリックしてください。
支店の検索画面へ遷移します。


5-3.支店の検索

支店名、支店番号のどちらかから支店名の検索を行います。


  • 支店名で探す
    支店名の最初の文字を選択後、一覧の中から指定する支店名を選択し、「決定」をクリックしてください。
    選択した金融機関および支店が金融機関欄に設定されます。

  • 支店番号で探す
    支店番号(半角数字)を入力してください。
    指定する支店が存在する場合、その支店名が表示されますので、支店名を選択し、「決定」をクリックしてください。
    選択した金融機関および支店が金融機関欄に設定されます。

全て選択・入力が完了したら、「入力内容を確認する」ボタンをクリックしてください。

画像を表示する/表示しない

金融機関・支店の検索画面
金融機関名の検索

5-4.振込口座の確認

内容をご確認のうえ、「変更する」ボタンをクリックし、振込口座の変更を完了させてください。
なお、組戻が発生している場合、振込は翌営業日に再度実施されます。

画像を表示する/表示しない

振込口座の確認
振込口座の確認